LGモニター29UM58-P レビュー Web制作に使用するにはちょっと厳しい編

公開日:2017/04/16 更新日:2020/02/24

こんにちは!
3ヶ月くらい前にLGのウルトラワイドモニターを購入したのでその感想です。

http://kakaku.com/item/K0000862649/

作業領域を増やすためにモニターの増設を考えており1920*1080より大きい製品を探していたところ本製品を見つけました。
解像度が同じであればいくらモニターのサイズがあがっても一度に表示できる量は変わらないので4kなども合わせて検討していたのですが、さすがに机の上において使用するには大きすぎるということでワイドモニターを選択しました。

良い点

1920で半分ずつブラウザを表示させるとちょっと狭さを感じますが、このワイドモニターだとかなり余裕がありますので実用性十分です。

モニターの色合いなど設定を変更する部分はわりと使いやすいと思います。
最近のモニターだと物理ボタンがない場合も多いですが、このタイプは中央に一つつまみがありそれを上下左右に操作するので手探りでボタンを探す必要などがないです。

見た目はまあ好みの問題ですが良いと思います。
ベゼルも狭いです。

悪い点

ワイドモニターなのでゲーム機やテレビを接続しても横長に表示されます。
これはまあ仕方ないですが。

表現できてない色がある。
これが一番の問題です。
表現できてない色があるというのがモニター界隈的に正しい表現なのかわかりませんが、薄いグレーっぽい色はすべて白で表示されます。

黒い枠線で囲んだ部分は#EEEEEEを指定しているのですがLGの方は白で表現されています。
I-ODATAのモニターのほうが画質が悪く見えますがこれは撮り方の問題です。

普通、明るさや色合いなどを変えても指定された色が違えば色の違いがわかると思いますがこのモニターは全くわかりません。

デザイナーの方は100%使えません。
私はコーディングがメインですがもちろんデザインデータを確認しながら作業するので、背景色が指定されていても映らないことがあり作業ミスをすることもあります。

その他

24インチのモニターが潰れたので代わりに32インチのモニターを買ったのですが大きすぎてしんどかったです。
モニターが大きくなれば眼精疲労は少なくなるといいますがある程度の距離がないと首を動かさないとモニター全体が見えないので逆に疲れました。
モニターもテレビも大きいもののほうが良いと思ってましたが作業場や家の大きさにあったものを購入スべきだと思いました。。。。

上杉 洋

1991年生まれ。株式会社ステップバイワーク代表。2013年からホームページ制作の業界に入り、以後フリーランスを経て2022年に起業。 独自の理論で費用対効果の高いホームページを作るため日々精進しています。